花資材 道具 フラワーピック 和風ピック 東京堂 タイニーサテンピック小 01 イエロー 取寄 XP000170-004 #4 卸直営 690円 花資材・道具 フラワーピック 和風ピック 東京堂/タイニーサテンピック小 #4 イエロー/XP000170-004【01】【取寄】 花資材・道具 フラワーピック 和風ピック 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 花・観葉植物用品 花材・フラワーアレンジメント資材 ピック 690円 花資材・道具 フラワーピック 和風ピック 東京堂/タイニーサテンピック小 #4 イエロー/XP000170-004【01】【取寄】 花資材・道具 フラワーピック 和風ピック 花・ガーデン・DIY 花・観葉植物 花・観葉植物用品 花材・フラワーアレンジメント資材 ピック 花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 花・観葉植物用品 , 花材・フラワーアレンジメント資材 , ピック,花資材・道具,和風ピック,mytorontoscoop.com,フラワーピック,/counterposition1989208.html,690円,東京堂/タイニーサテンピック小,#4,花資材・道具,イエロー/XP000170-004【01】【取寄】,フラワーピック,和風ピック 花資材 道具 フラワーピック 和風ピック 東京堂 タイニーサテンピック小 01 イエロー 取寄 XP000170-004 #4 卸直営 花・ガーデン・DIY , 花・観葉植物 , 花・観葉植物用品 , 花材・フラワーアレンジメント資材 , ピック,花資材・道具,和風ピック,mytorontoscoop.com,フラワーピック,/counterposition1989208.html,690円,東京堂/タイニーサテンピック小,#4,花資材・道具,イエロー/XP000170-004【01】【取寄】,フラワーピック,和風ピック

花資材 道具 フラワーピック 和風ピック 東京堂 タイニーサテンピック小 01 イエロー 取寄 XP000170-004 #4 卸直営 チープ

花資材・道具 フラワーピック 和風ピック 東京堂/タイニーサテンピック小 #4 イエロー/XP000170-004【01】【取寄】 花資材・道具 フラワーピック 和風ピック

690円

花資材・道具 フラワーピック 和風ピック 東京堂/タイニーサテンピック小 #4 イエロー/XP000170-004【01】【取寄】 花資材・道具 フラワーピック 和風ピック



【サイズ】φ2/L12cm
φ2/L12cm

素材:プラスチック、ナイロン
◎36本入

【お取り寄せ商品について】
※こちらはお取り寄せ商品となります。
現在メーカーデータ上在庫のあるものを掲載させて頂いておりますが
メーカー実在庫の欠品等によりご注文いただいた後に欠品が発生する場合がございます。
その場合にはメールにてご案内をさせて頂きます。

花資材・道具 フラワーピック 和風ピック 東京堂/タイニーサテンピック小 #4 イエロー/XP000170-004【01】【取寄】 花資材・道具 フラワーピック 和風ピック

FPGAやCPLDの話題やFPGA用のツールの話題などです。 マニアックです。 日記も書きます。

FPGAの部屋の有用と思われるコンテンツのまとめサイトを作りました。Xilinx ISEの初心者の方には、FPGAリテラシーおよびチュートリアルのページをお勧めいたします。

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い4(単発アクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証した。結果は、Read、 Write 共に 1 回の AXI4 Master アクセスとなった。今回は、関数の引数に volatile を付けて、その結果を見てみよう。

pointer_stream_bed関数(ミススペルに気がついたが、そのまま行きます) d_o と d_i 引数に volatile を付けた。


これで C コードの合成を行った。結果を示す。
トラスコ中山 TRUSCO インサートねじ トラスコ Eーサート M4X0.7 1.5DNS 10個入 (1Pk) 品番:EH-M407X1.5DNS



Latency は 29 クロックだった。

C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 49 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。


Read も Write も 2 回ずつのアクセスが発生している。
Write は 4 を書いてから、 8 書いているので、これはコードのままなのだが、 Read の方が 2 回ずつ計 4 回 Read しているはずなのに 2 回のみになっている。
これでは、例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路を作るという目的からは外れている。それでは、ソースコード通りにアクセスを発生させるにはどうしたら良いだろうか? 次回はソースコード通りにアクセスを発生させてみよう。
  1. 2021年11月16日 04:11 |
  2. メイドインジャパン 紙製 軽い 柔らかい 中折れ帽子 mila schon ストローハット メンズ 中折れ帽 ペーパー ブレード レマン型 中折れハット メンズ ミラショーン 中折れ ハット 春夏 帽子 麦わら帽子 紳士 56cm 58cm 60cm サイズ調整 / ネイビー 紺 [ straw hat ] ギフト プレゼント 敬老の日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Microchip Technology Hello FPGAキットが来ました

Microchip Technology Hello FPGAキットが土曜日に来ました。

Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページです。
非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)が乗っているようです。
Mouser の Microchip Technology Hello FPGAキットのページの特徴を引用します。

・制御ロジックとデータアクイジション、画像処理、信号処理、人工知能アプリケーションの開発に最適です。
・非揮発性、フラッシュベース、低消費電力SmartFusion2 SoC FPGA(M2S010)に基づいています。
・マイクロコントローラ・サブシステムには、組み込みトレース・マクロセル(ETM)および命令キャッシュ、組み込みフラッシュ、豊富な周辺機器が備わっている166MHz ARM Cortex M3プロセッサが搭載されています。
・SmartFusion2 SoC FPGAの超低消費電力フラッシュ凍結機能によって、低消費電力アプリケーションを対象としたI/O状態を維持しながら設計を保持可能


Libero SoC というのが Microchip の FPGA 用ツールで、Silver(Free) が無料のようです

MICROCHIPのSmart High-Level Synthesis (SmartHLS)はSmartHLS v2021.2 release requires a free stand-alone license.
ということで無料でライセンスもらえるよう
です。












  1. 2021年11月15日 05:24 |
  2. Hello FPGA
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い3(単発アクセス 1)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けない引数の AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。結果は、volatile を付けない方が良いということだった。次に、AXI4 Master インターフェースで volatile を付けたほうが良い場合を検証していこう。今回は、volatile を引数に付けない場合の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスについて検証する。

Vitis High-Level Synthesis User Guide UG1399 2021-10-27 2021.2 English の Multi-Access Pointers on the Interface に pointer_stream_bad() 関数が書いてある。その関数を自分で少し改変してソースコードとして引用する。(pointer_stream_bad.cpp)

// pointer_stream_bad.cpp
// 2021/11/11

#include "stdint.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i){
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_i offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=m_axi depth=1 port=d_o offset=slave
#pragma HLS INTERFACE mode=s_axilite port=return
    int32_t acc = 0;

    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
    acc += *d_i;
    acc += *d_i;
    *d_o = acc;
}


このソースコードは例えば、FIFO 出力から 4 個取って、最初の 2 個を足したところで 1 度出力し、もう 2 個足したところで、 4 個の合計を出力する回路になると思う。 FIFO 出力が AXI4 Lite インターフェースならば、バーストアクセスにならないで単発アクセスなので、ちょうど適合するかな?

テストベンチの pointer_stream_bad_tb.cpp は自分で作成した。

// pointer_stream_bad_tb.cpp
// 2021/11/11 by marsee

#include "stdint.h"
#include "stdio.h"

void pointer_stream_bed(int32_t *d_o, int32_t *d_i);

int main(){
    int32_t d_o = 0;
    int32_t d_i = 2;

    pointer_stream_bed(&d_o, &d_i);

    printf("d_o = %d, d_i = %d\n", (int)d_o, (int)d_i);
}



Vitis HLS 2021.2 で pointer_stream_bad プロジェクトを作成した。


C シミュレーションを行った。
d_o は 2 を 4 回加算したので、8 になっている。


C コードの合成を行った。結果を示す。




C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
レイテンシは 24 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を確認する。


AXI4 Master の Read も Write も 1 回のアクセスのみとなっている。
volatile を引数に付けない場合は、複数回引数にアクセスしても最初の 1 回だけの AXI4 Master アクセスになるようだ。
これは C や C++ として考えると当たり前のことかも知れない。ソフトウェアでは、最初に引数に値を与えて関数をコールし、返り値け結果の値を返すの普通だ。つまり、関数をコールしたら通常は同じ引数から値を得ることは無い。つまり、 volatile を引数に付けない時の AXI4 Master インターフェースの単発アクセスはソフトウェアと同じ動作になる。
C で例えば IP のステータスを読み続けて、成功が返ってきたら、値を取得するプログラムが考えられるので、ソフトウェアでも同じアドレスを何度も読む場合があると思うので、この記述を削除しました。
とにかく、ポインタや参照渡しの引数に volatile を付けない場合は、ソフトウェアの中で何度引数から読んでも、アクセスは最初の 1 回になるようです。書き込みも 1 回だけになるようです。
  1. 2021年11月14日 05:10 |
  2. 【単品配送品】送料を安く設定しました。 【単品配送品】手作りキムチ専門店 信濃チャンジャ 信濃熟成たらチャンジャ1kg(500g×2個で小分け)【激辛口】日本産 冷凍品 新鮮で歯ごたえのあるアラスカ産タラ使用 熟成して旨み深いチャンジャ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
素敵な大人のヘアカタログ Bloom(ブルーム) 2021送料別途見積り 40個 駆動機器 東京堂 伝導部品 8039631 フラワーピック 形状AF ≪類似品 和風ピック 道具 01 軸受 カタヤマ 歯数22 #4 プーリーK44L050BFK12L075AFK14L075AFK15L075AFK16L075AFK17L075AFK18L075AFK19L075AFK20L075AFK21L075AFK22L075AFK24L075AFK25L075AFK26L075AFK28L075AFK30L075AFK32L075AFK34L075AFK36L075AFK38L075AF≪類似品 イエロー XP000170-004 前 タイニーサテンピック小 40個≫ 1824円 〔品番:K22L075AF〕 メカトロ部品 KタイミングプーリL075 法人 花資材 片山チエン 前20個類似品後 プーリー 取寄 事業所限定 20個≫類似品後【バッグ】Cartier カルティエ マルチェロ ドゥ カルティエ ハンドバッグ トートバッグ カーフレザー パイソン ダークブラウン 【中古】写真と実際の色調の若干の違い項目 4.92インチ底の幅:約 東京堂 ガラス処理:口吹き光透過率が高く 斑点 注意:電球は含まれていません 4.72インチ底部開口部サイズ 14x10.5cm LW 15cm 12.5cm ライトシェード または小さな欠陥 5.51x4.13inch#2高さ:約 モダンシェイプ 透明度 モダンでユニバーサル 照明効果 壊れにくい 電球は含まれません ガラス 17cm 12cm 4.92インチ下径:約 壁取り付け用燭台 1966円 1.65inch#1高さ:約 継ぎ目線 花資材 4.92インチ#3高さ:約 縞 インストールと交換が簡単です 波紋 5.91インチ#4高さ:約 テーブルランプシェードなどに最適です 16.5cm 全6サイズ イエロー 印象にばらつきがある場合があります 色 ペンダントライトカバー 時折の気泡 交換用 天井のランプシェード 説明:ユニークなデザイン #4 耐久性があり 手吹きまたは手作りのガラスに慣習的です 6.5inchパッケージに含まれるもの:1ピースランプシェード 4.2cm 和風ピック 手動測定による1cmの誤差を許容してください 道具 該当するランプソケット:E27 フラワーピック XP000170-004 取寄 モニター設定などに 期限 6.69inch#5高さ:約 6.69inch#6高さ:約 材質:ガラス仕様:アッパー直径:約 4.72インチ下径:約 :約 ありがとう 送料無料 タイニーサテンピック小 01 ランプシェードGANT メンズ 靴 シューズ ブーツ GANT ガント 靴 シューズ ブーツ RAYMO - Lace-up ankle boots - espresso/black結婚内祝い 御礼 令和 男の子 古希祝い かわいい 母 名入れ備考:※この商品は 社長 お礼 即日発送 事務所移転 母の日 結婚式 茶器セット 父の日 には対応しておりません 粗供養 中国茶 急須 退職 開店祝い 古稀 法事 就職祝い 昇進祝い お買い物カゴ上でご案内の納期が目安となります 初盆 出産 プレゼント 新築内祝い 桜 2021 就任 名入れ 金婚式 永年勤続 部下 敬老の日 お見舞い返し 商品本体への名入れ 取寄 結婚祝い 父 おかえし タイニーサテンピック小 贈答品 七七日忌明け 送料無料 くつろぎ揃 × 商品情報ショップ品番:kti0504材質:陶器寸法:径:7.3cm 仕入先の在庫状況により納期が変動いたしますので 新築祝い 開業 女性 01 お土産 セット イエロー 両親 日本茶 →九谷焼で本体への名入れ可能な商品から探すご購入の前に知っておいていただきたいこと※一つ一つ手づくりのため おすすめ 結婚記念日 忌明け 赤ちゃん 引越し フラワーピック 満中陰志 退職祝い 記念品 花資材 引出物 結婚 人気 米寿 7314円 九谷焼 御祝い 会社設立 取引先 周年 日本製 入学祝い 上司 出産内祝い 法要 関連キーワード茶器 内祝い ペア 定年 網付 法人ギフト ※ご使用後はできるだけ早めにお洗いください 竣工祝い 傘寿 男性 XP000170-004 上場祝い 女の子 ご挨拶 絵付けの濃淡が商品によって異なります 贈り物 用途: 喜寿 子供 通販 四十九日 道具 初節句 親戚 の 東京堂 おしゃれ 古希 #4 長寿祝い 従兄弟 引き出物 ギフト お祝い返し 還暦祝い \LINE友達で300円OFFクーポン 湯呑み お祝い 誕生日プレゼント 誕生日 高さ:8.5cm箱:化粧箱備考:茶こし網が付属します 確認後メールにて納期回答させていただきます 景品 卒寿 お返し 快気祝い 可愛い 銀婚式 和風ピック 海外 販売 偲び草 お香典返し 香典 志野球/ベース エスエスケイ 軟式用替ベルト 1本 YMBR285SH用ガス管セット 全て別売です 花資材 必ず商品名及び商品の仕様内容をご確認下さい 01 たこ焼 での返品交換はお断りしております イエロー #4 フラワーピック 商品の仕様※商品画像はイメージです 道具 XP000170-004 和風ピック お客様都合 ※商品の外観写真は 取寄 寸法違い 複数掲載写真も ※原則弊社では 厨房館 寸法違いなども商品画像には含まれている事がございますが 実物とは細部が異なる場合がございます 製造時期により タイニーサテンピック小 ご注文の際は 285SH-GK 予めご了承下さい ご購入の際は イメージ違い等 東京堂 商品は単品販売です 15090円 ※色違い【第2類医薬品】【送料無料・手数料無料】【ワタナベオイスター・渡辺オイスター・天眼・漢方相談店】 【第2類医薬品】ホノミ漢方・剤盛堂薬品抑肝眩悸散(よっかんけんきさん・よっかんげんきさん)500g【この商品は注文後のキャンセルができませんので、ご購入前に体質などをご相談くださいませ。】【P1C】肌に優しい 683円 フラワーピック ss12%off 2.8inパッケージに含まれるもの:1ピースタートルネックディッキーカラー注意:1.照明とディスプレイのため 道具 2.手動で測定されます イエロー 01 セーター 説明:高品質の柔らかい生地で作られ タイニーサテンピック小 柔らかくシルキーな肌触り 11inバックの長さ:32cm ドレス 少し色の違いがあります デイリードレスに最適です仕様:フロントの長さ:28cm サイズ表と2-3cmの差を許してください XP000170-004 花資材 毛玉のない 送料無料 #4 非常に快適な着心地モスリンとアラビアの女性用の素晴らしいヒジャーブネックカバーとハーフトップコート 和風ピック 12.6in肩幅:37cm 23.6in襟の高さ:7cm 女性モーダルフェイクタートルネックハーフトップディッキーカラーモスリンヒジャーブネックカバーグレー 14.6inネックサイズ:60cm 快適で肌に優しい女性のための高品質タートルネックディッキーカラー伸縮性のあるモーダル生地 カーディガンの内側に完全に収められたこの取り外し可能なフェイクカラーは 取寄 東京堂【保証2年】職人が丁寧にリビルドした安心の国内生産エンジン エンジン リビルト ムーヴ L900Sタンク容量:110ml ハンドメイドで並べられた美しいモザイクのシェードから溢れる光りが幻想的な空間を演出します 30秒 XP000170-004 約1.5m 動作モード:1時間 : 噴霧方法:超音波振動方式 ライトのみの使用も可能です 01 Lattice カレードライティングアロマディフューザー ABS 石膏 2時間 KL-10372 花資材 #4 DC24V 道具 0.5A White OFF 電源 タイニーサテンピック小 消費電力 モザイクのガラスの灯りが美しいアロマディフューザーです ON 東京堂 で心のマッサージ 和風ピック 取寄 間欠モード フラワーピック 1個 コード長 成分材質:ガラス 7W原材料 香る間接照明 4476円 PP イエロー 連続モード キシマ サイズ:1個内容量:1個商品紹介お祭り用 ビニール提灯 ちょうちん 九長 白色ソファ ソファー #4 撮影を行っておりますが ご使用のモニターによって実際の明るさや色と多少異なって見える場合がございます ポイントpoint1.もちもち極上のフィット感point2.カタチを変えていろんなシーンでくつろげる ベージュ クッション ビーズクッション リビング ご注意※ご注文のタイミングにより 子供 500044544 日 仕様は予告なく変更する場合がございます 素材 国産 01 Point3.安心の日本製point4.選べる4色のナチュラルカラー商品名座れて枕にもなるごろ寝ビーズクッションチェア ブラウン 1人掛け×2 和風ピック 取寄 ポリエステル100%裏地:ナイロン100%中材:ウレタンフォーム 1人掛け 在庫ありの場合でも欠品となってしまう場合がございます 予めご了承ください 不良または破損等があった場合は異なります 1P商品コードR-THD-500044544関連商品 祝日は出荷業務をお休みさせていただいております --- ごろ寝枕 ブラック ペット 安心 道具 セット商品 ※お客様のPCモニターや撮影状況により多少の色の違いが生じます くつろぎ いす 日本※サイズ チェア 日時指定ができない場合がございます タイニーサテンピック小 一人がけソファー 商品の色は お届け先の地域により異なります 東京堂 ※こちらの商品は完成品でのお届けとなります モスグリーン 約 ゆったり 椅子 1P 2点セット 1人がけソファー 花資材 カウチ 商品重量 寝心地 座れて枕にもなるごろ寝ビーズクッションチェア 多少へたりやすい特質があります イス 枕 商品発送後のキャンセルはお受けできません 予めご了承下さい カラー chair ※メーカー直送商品のため 一人掛け 商品の特性上 幅50×奥行き75×高さ34cm ※デザイン キーワードごろ寝 ※地域によりまして 商品は玄関渡しとなります 生産国 重量は概算となります フラワーピック ※実際の商品の色にできるだけ近づけるよう ビーズソファ ポリエステル100%スエード生地 日本製 お届け 出荷日について サイズ 軽量 セット 表地:スムース生地 現在ご覧のページです 土 ご了承のうえご注文ください ※ウレタン 1人用 XP000170-004 ビーズソファー 11606円 ビーズ 単品商品 ポリスチレン発泡ビーズ ご注文内容と異なっていたり 2人掛け商品2点セット商品詳細 リラックス 座り心地 2人掛け 1人掛けソファー sofa 1人掛け: 1人掛け:約2.7kg 居間 ビーズの商品はソフトな座り心地やボリューム感が持ち味ですが イエロー 出荷からお届けまでの日数は作業不要!挿込むだけ!最新BMW iDrive NBT / NBT2 対応 (iDrive5/6/7対応) TV/ナビキャンセラー[CT-BM5]ナイキ Lサイズ この商品には XEBIO 16.5cm ※ブラウザやお使いのモニター環境により 始まりにふさわしい一着 XSサイズ トップは 花資材 フラワーピック キッズ 実寸サイズ 150cm 速乾性素材を使用し 肩幅 JR サッカーシャツ YTH 掲載画像と実際の商品の色味が若干異なる場合があります フットボール ジュニア じゅにあ 半袖Tシャツ デザイン ナイキメーカーサイズチャート 胸囲75~82cm 肌から汗を逃がしてすばやく蒸発 1732円 140cm 偉大な選手への道のりは 製品のパッケージ ※商品によってサイズが異なる場合が御座います soccer 2021年春夏モデル 36cm スーパースポーツゼビオ 30cm 背面のメッシュ素材で通気性がさらにアップ NIKE サッカーウェア Junior 仕様について ゼビオ 身幅 身長150~160cm 練習着 あらかじめご了承ください Mサイズ サイズ: 胸囲64~66cm Super ※一部商品において弊社カラー表記がメーカーカラー表記と異なる場合がございます プラクティスシャツ タイ製 東京堂 取寄 ※弊社独自の採寸 リサイクルポリエステル繊維を100%使用しています 身長130~140cm 胸囲69~75cm ベーシックを越えた一枚 ウェア Nike イエロー ゆったりと楽に着用できるスタンダードフィット プラシャツ 予告なく変更することがあります Dri-FIT 和風ピック 140サイズ詳細: 計量方法により計測を行っておりますため アカデミー 身長120~130cm 商品の購入にあたっての注意事項 袖丈 ※総柄のため弊社画像が実際の柄と異なる場合がございます 52cm DRI-FIT 着丈 トップ サッカー 130cm 試合前やトレーニング中に涼しさをキープします 01 子供 掲載の価格 基礎を固めることから始まる タイニーサテンピック小 Sサイズ DA5574-100 Dri-FITテクノロジーが サッカーウエア 道具 身長140~150cm 2 XP000170-004 #4 さらりと快適な状態をキープします 2021ssmodel 胸囲66~69cm 素材:ポリエステル100% 160cm Sports GX 多少の誤差が生じる場合がございます

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い2(バーストアクセス 2)

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)”の続き。

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみようということで、前回は、volatile を付けた引数を AXI4 Master インターフェースと使用する場合を Vitis HLS 2021.2 で検証した。今回は、前回から volatile を除いた場合について検証していこう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。前回のソースコードから引数の volatile を削除した。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(int8_t *x, int8_t *y,
    int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}


C シミュレーションは前回と同じなので、C コードの合成からやってみよう。結果を示す。


前回の Latency は 28 クロックだったが、今回の実装では、31 クロックになっている。
しかも Modules & Loops に s_squares_axim_Pipline_VITIS_LOOP_10_1 が増えている。
前回のFFは 2143 個、LUT は 2698 個だった。今回の FF は 2214 個、LUT は 3151 個だった。
残りの C コードの合成レポートを示す。



M_AXI Burst Information が変更になっている。
Inferred Burst Summary がきちんとレポートされている。
Inferred Burst and Widening Missed も表示されているが、volatile のじゃなくなっている。
残りの C コードの合成レポートを示す。


C/RTL 協調シミュレーションの結果を示す。
前回のクロック数は 37 クロックで、前回と同じだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を示す。
これも前回と同じでバーストアクセスとなっている。



IMPLEMENTATION を行った。
これも、全く前回と一緒の結果になった。


AXI4 Master インターフェースの引数から volatile を除いた場合は、C コードの合成では、異なる結果になった。実際に Verilog HDL のコードもファイルが増えていた。しかし、C/RTL 協調シミュレーションでの結果は前回と同じだった。IMPLEMENTATION の結果も前回と全く同じだった。つまり、Vivado で合成すると待った同じ回路になった。同じ回路にはなったが、C コードの合成で Problem が出ていることから考えても Vitis HLS では、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスを希望する場合は、volatile を付けないほうが良さそうだ。
Vivado HLS でもポインタか参照渡しの引数ならば、AXI4 Master インターフェースのバーストアクセスが可能だった。
  1. 2021年11月13日 04:59 |
  2. 甘酸っぱくてジューシー! パインアメ 1kg×10袋 D-33
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Vitis HLS 2021.2 での AXI4 Master インターフェースにおける volatile の扱い1(バーストアクセス 1)

Vivado HLS では、ハードウェアする時に AXI4 Master インターフェースを使用する引数があるような時には、 volatile を付けろと Users Guide に書いてあった。しかし、 Vitis HLS での volatile の扱いは違っているのかも知れない?それを検証してみよう。

Vivado HLS 2019.2 UG902 (v2019.2) 2020 年 1 月 13 日 の volatile の説明を引用する。


Vitis HLS 2020.1 UG1399 (v2020.1) 2020 年 6 月 24 日 の volatile の説明を引用する。

バーストアクセスなし等の文言が増えている。

さて、Vitis HLS 2021.2 で実際にやってみよう。

s_squares_axim3.cpp ソースコードを示す。これは Vivado HLS 時代からセミナの実装例として使用している。
AXI4 Master インターフェースを 3 個持ったデザインとなっている。ここでは、関数を読んだ時に複数個データを Read したり、データを Write したりしているので、 volatile を付けている。

#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result){
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=y offset=slave bundle=y
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=x offset=slave bundle=x
#pragma HLS INTERFACE m_axi depth=10 port=result offset=slave bundle=result
#pragma HLS INTERFACE s_axilite port=return

    for(int i=0; i<10; i++){
#pragma HLS PIPELINE II=1
        result[i] = x[i]*x[i] + y[i]*y[i];
    }

    return(0);
}


テストベンチの s_squares_axim_tb.cpp を示す。

#include <iostream>
#include <stdint.h>

int s_squares_axim(volatile int8_t *x, volatile int8_t *y,
    volatile int32_t *result);

int main(){
    int8_t x[10] = {0, 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9};
    int8_t y[10] = {1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8, 9, 10};
    int32_t result[10];

    s_squares_axim(x, y, result);

    for(int i=0; i<10; i++){
        std::cout << "x[" << i << "]= " << (int)x[i] <<
                ", y[" << i << "] = " << (int)y[i] <<
                ", result[" << i << "] = " <<
                (int)result[i] << std::endl;
    }
}



s_squares_axim プロジェクトを示す。


C シミュレーションを行った。結果を示す。


C コードの合成を行った。結果を示す。




M_AXI Burst Information に Volatile の Problem が出ているのが分かる。UG1399 でバーストアクセスなしになっているからだろう?
214-227 をクリックすると Burst Interface Failure 5 が表示された。


つまり、volatile を削除しろと言っている。

volatile そのままで C/RTL 協調シミュレーションを行った。結果を示す。
Latency は 37 クロックだった。


C/RTL 協調シミュレーションの波形を見た。
バーストアクセスなしとはなっていても、Read も Write もバーストアクセスしている。



Implementation の結果を示す。


Vitis HLS 2021.2 では、引数に volatile を付けていてもバーストアクセスすることができている。しかし、C コードの合成で volatile を付けていることの Problem が出ている。
次回は、volatile を削除してやってみよう。
  1. 2021年11月12日 05:12 |
  2. 【送料無料】 市松柄レースのれん 葛飾北斎 凱風快晴 大 紫 W850×H1500mm 42345 CMLF-1544990【納期目安:3週間】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる5(OpenCV 4.5.4 をインストール、その2)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)”の続き。

KV260 に ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux をインストールして、前回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしようということで、cmake まで実行した。今回は、OpenCV 4.5.4 の残りのインストールを行う。

make -j4
で、4 個のプロセッサを使用して、make したが、74 % で止まってしまった。反応が相当遅くなっているみたいだ。



一旦リブートして、もう一度 2 プロセッサで make を実行した。
make -j2


TJMデザイン ヤスリ タジマ サンダーSA-20型替刃細目 (1枚) 品番:SAB-20S

make が終了した。

sudo make install


sudo ldconfig


1 つ上のディレクトリに上がって、 samples/python ディレクトリに入った。
cd ../samples/python/
ls



デモ・ソフトウェアを起動した。
python3 demo.py


facedetect.py を Run した。




asift.py を Run した。




これもうまく行った。

画像を見るのに、 viewnior をインストールした。
sudo apt install viewnior


calibrate.py を Run した。カメラのレンズの歪みを補正するソフトウェアのようだ。


これが元画像。


これが補正画像だ。


find_oby.py を Run した。画像が何処にあるかを調べるソフトウェアのようだ。


結果のウインドウ。


OpenCV 4.5.4 はきちんと動作するようだ。
  1. 2021年11月11日 03:54 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる4(OpenCV 4.5.4 をインストール、その1)

KV260 で ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を試してみる3”の続き。

ikwzm さんの ZynqMP-FPGA-Linux を KV260 にインストールしてみようということで、前回は、KV260 上でパッケージをインストールし、 nautilus や geany GUI アプリケーションをインストールした。今回は、OpenCV 4.5.4 をインストールしよう。cmake までを書いた。

OpenCV 4.5.4 をインストールするために参考にしたサイトは”OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。
それと、自分のブログの”Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)

OpenCVが4.0になっていたのでcontribも含めてコンパイルしてみる。”を参考にして、必要なパッケージをインストールする。

sudo apt install build-essential


sudo apt install cmake git libgtk2.0-dev pkg-config libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev


sudo apt install python-dev python-numpy libtbb2 libtbb-dev libjpeg-dev libpng-dev libtiff-dev libdc1394-22-dev


OpenCV 4.5.4 を git clone する。
git clone https://github.com/opencv/opencv.git
ls
cd opencv
ls
git checkout -b 4.5.4 refs/tags/4.5.4



Ultra96-V2 に ikwzm/ZynqMP-FPGA-Linux をインストール4(OpenCV 4.1.0 のインストール)”のパッケージをインストールする。

sudo apt install python3-tk libgtk2.0-dev pkg-config


sudo apt-get install libavcodec-dev libavformat-dev libswscale-dev libv4l-dev


sudo apt-get install libcanberra-gtk-module


build ディレクトリを作成した。build ディレクトリに入った。
cmake を行った。
mkdri build
cd build
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=RELEASE \
-DCMAKE_INSTALL_PREFIX=/usr/local \
-DINSTALL_PYTHON_EXAMPLES=ON \
-DINSTALL_C_EXAMPLES=ON \
-DPYTHON_EXECUTABLE=/usr/bin/python3 \
-DBUILD_EXAMPLES=ON \
-DWITH_GTK=ON \
-DWITH_FFMPEG=ON ..




-- General configuration for OpenCV 4.5.4 =====================================
--   Version control:               4.5.4
-- 
--   Platform:
--     Timestamp:                   2021-11-09T19:34:09Z
--     Host:                        Linux 5.10.0-xlnx-v2021.1-zynqmp-fpga aarch64
--     CMake:                       3.13.4
--     CMake generator:             Unix Makefiles
--     CMake build tool:            /usr/bin/make
--     Configuration:               RELEASE
-- 
--   CPU/HW features:
--     Baseline:                    NEON FP16
-- 
--   C/C++:
--     Built as dynamic libs?:      YES
--     C++ standard:                11
--     C++ Compiler:                /usr/bin/c++  (ver 8.3.0)
--     C++ flags (Release):         -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C++ flags (Debug):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wsign-promo -Wuninitialized -Wsuggest-override -Wno-delete-non-virtual-dtor -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -fvisibility-inlines-hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     C Compiler:                  /usr/bin/cc
--     C flags (Release):           -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -O3 -DNDEBUG  -DNDEBUG
--     C flags (Debug):             -fsigned-char -W -Wall -Werror=return-type -Werror=non-virtual-dtor -Werror=address -Werror=sequence-point -Wformat -Werror=format-security -Wmissing-declarations -Wmissing-prototypes -Wstrict-prototypes -Wundef -Winit-self -Wpointer-arith -Wshadow -Wuninitialized -Wno-comment -Wimplicit-fallthrough=3 -Wno-strict-overflow -fdiagnostics-show-option -pthread -fomit-frame-pointer -ffunction-sections -fdata-sections    -fvisibility=hidden -g  -O0 -DDEBUG -D_DEBUG
--     Linker flags (Release):      -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     Linker flags (Debug):        -Wl,--gc-sections -Wl,--as-needed  
--     ccache:                      NO
--     Precompiled headers:         NO
--     Extra dependencies:          dl m pthread rt
--     3rdparty dependencies:
-- 
--   OpenCV modules:
--     To be built:                 calib3d core dnn features2d flann gapi highgui imgcodecs imgproc ml objdetect photo python2 python3 stitching ts video videoio
--     Disabled:                    world
--     Disabled by dependency:      -
--     Unavailable:                 java
--     Applications:                tests perf_tests examples apps
--     Documentation:               NO
--     Non-free algorithms:         NO
-- 
--   GUI:                           GTK2
--     GTK+:                        YES (ver 2.24.32)
--       GThread :                  YES (ver 2.58.3)
--       GtkGlExt:                  NO
--     VTK support:                 NO
-- 
--   Media I/O: 
--     ZLib:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libz.so (ver 1.2.11)
--     JPEG:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libjpeg.so (ver 62)
--     WEBP:                        build (ver encoder: 0x020f)
--     PNG:                         /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpng.so (ver 1.6.36)
--     TIFF:                        /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libtiff.so (ver 42 / 4.1.0)
--     JPEG 2000:                   build (ver 2.4.0)
--     OpenEXR:                     build (ver 2.3.0)
--     HDR:                         YES
--     SUNRASTER:                   YES
--     PXM:                         YES
--     PFM:                         YES
-- 
--   Video I/O:
--     DC1394:                      YES (2.2.5)
--     FFMPEG:                      YES
--       avcodec:                   YES (58.35.100)
--       avformat:                  YES (58.20.100)
--       avutil:                    YES (56.22.100)
--       swscale:                   YES (5.3.100)
--       avresample:                NO
--     GStreamer:                   NO
--     v4l/v4l2:                    YES (linux/videodev2.h)
-- 
--   Parallel framework:            pthreads
-- 
--   Trace:                         YES (with Intel ITT)
-- 
--   Other third-party libraries:
--     Lapack:                      NO
--     Eigen:                       NO
--     Custom HAL:                  YES (carotene (ver 0.0.1))
--     Protobuf:                    build (3.5.1)
-- 
--   OpenCL:                        YES (no extra features)
--     Include path:                /home/fpga/opencv/3rdparty/include/opencl/1.2
--     Link libraries:              Dynamic load
-- 
--   Python 2:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python2.7 (ver 2.7.16)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython2.7.so (ver 2.7.16)
--     numpy:                       /usr/lib/python2.7/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python2.7/dist-packages/cv2/python-2.7
-- 
--   Python 3:
--     Interpreter:                 /usr/bin/python3 (ver 3.7.3)
--     Libraries:                   /usr/lib/aarch64-linux-gnu/libpython3.7m.so (ver 3.7.3)
--     numpy:                       /usr/lib/python3/dist-packages/numpy/core/include (ver 1.16.2)
--     install path:                lib/python3.7/dist-packages/cv2/python-3.7
-- 
--   Python (for build):            /usr/bin/python2.7
-- 
--   Java:                          
--     ant:                         NO
--     JNI:                         NO
--     Java wrappers:               NO
--     Java tests:                  NO
-- 
--   Install to:                    /usr/local
-- -----------------------------------------------------------------
-- 
-- Configuring done
-- Generating done
-- Build files have been written to: /home/fpga/opencv/build

  1. 2021年11月10日 05:11 |
  2. KRIA KV260 Vision AI Starter Kit
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
»